麺博士|手延べうどん|手延べ素麺|業務用うどん、素麺の販売|

  • ・商品一覧
  • ・業務用手延べうどんのご提案
  • ・会社案内
  • ・麺博士
  • ・手延べ麺造り体験
  • ・送料/発送について




紹介されました

【フリーペーパー】
2018年7月15日発刊
倉敷グルメ情報誌 Gaspo7・8・9月号

【テレビ】
2018年7月4日(水)14:25〜
テレビせとうち 得ナウ!

【テレビ】
2018年6月29日(金)15:00〜
広島テレビ イマなまっ!

【テレビ】
2018年6月11日(月)16:00〜
山陽放送 4時なま!

【テレビ】
2018年6月9日(土)11:50〜
テレビせとうち どようDEど〜よ

【雑誌】
2018年6月号
小学館 DIME 「大人の流しそうめん」コーナー

【テレビ】
2018年5月4日(金)16:50〜
広島テレビ
  テレビ派 虹色せとりっぷ

【折込雑誌】
2018年2月号
山陽新聞折込 レディア 

【テレビ】
2017年12月29日(金)18:00〜19:00
RNC うどん遍路

【テレビ】
2017年7月25日(火)20:57〜
TBS
  マツコの知らない世界

【雑誌】
2017年8月号
光文社 STORY 「高垣麗子 お取り寄せ特集」コーナー

【テレビ】
2016年9月15日(木)
KCV 8:00〜、12:00〜、19:00〜 
アクションメイト

 【テレビ】
2016年7月29日(金) TSC 15:15〜15:25 
得ナウ!

 【テレビ】
2016年7月22日(金) RSK 17:00〜 
イブニング5時≪生放送≫

 【テレビ】
2016年7月15日(金) OHK 19:00〜20:00 
金バク!

 【テレビ】
2016年7月2日(土) BSフジ 7:00〜 OHK 13:00〜 
わがまま気まま旅気分

 【テレビ】
2016年6月17日(金)11:30〜11:45 
KSB
にこまるワイド

【テレビ】
2016年1月14日(木)21:00〜22:00 
BS12ch
サヘル・ローズのイチオシNIPPON

【テレビ】
2013年12月14日(土)13:55〜 
TSCテレビ瀬戸内
ワク!どき!探検隊

【テレビ】
2012年8月5日(日)9:30〜10:00 
テレビ新広島
そ〜だったのカンパニー

【テレビ】
2012年7月22日(金)15:00〜15:15 
KSB瀬戸内放送
にこまるワイド
そうめん流しイベント案内

【テレビ】
2012年7月2日(月)19:55〜20:00 
RSK山陽放送
ももっち うらっち 晴れの国TV
麺体験・イベント案内

【テレビ】
2012年1月28日(土)7:10〜08:00 
日本テレビ「ズームイン!!サタデー」
弊社の麺を使用している東京のお店が紹介されました!
索餅(むぎなわ)東京都品川区西五反田2-7-11 インテックスビル1F

【受賞】
2012年1月25日
麺蔵人「第一回キラリ☆輝くOKAYAMA小売店表彰」受賞

【テレビ】
2011年11月20日11:45〜11:50
瀬戸内海放送
番組「自由人、会社人 トップの横顔」

【地元】
2011年10月7日
中国高安市市長さん浅口市表敬訪問
「麺蔵人」お食事処にてご昼食

【地元】
2011年9月30日
ローカルファースト日帰り体験
吉本興業 江西あきよしさんと体験

【書籍】
2011年9月中旬発売
「地域初のデザイン」に掲載

【韓国テレビ】MBC文化放送
2011年8月26日〜9月30日の間でシリーズとして15分×4回放送
4週間で合計60分、中国地域の観光情報が韓国の最もメジャーなテレビ局で紹介されます。

【テレビ】
2011年6月27日 23:00〜23:58
テレビ東京 ワールドビジネスサテライト
THE行列

【雑誌】
2011年6月25日発行 7月号
月刊タウン情報おかやま



メルマガご購読はこちらまで
メールアドレス:

人気商品ランキング一番のばし生うどん唐がらしうどん手延べうどん半生うどん

  



かも川手延素麺トップ > 麺博士 > かも川の素麺手作りの図

かも川の素麺手作りの図

手延べ麺の歴史いろいろな麺製法のちがいによる分類かも川の素麺手作りの図
手延べ麺の知識あれこれ麺の料理いろいろ麺つゆ

手延べ麺は、生地を仕込んでから麺に仕上げるまでの間、およそ30時間、休む間もない作業が続きます。
そのため、麺づくりは近所のつきあいもままならないといわれたほど...。
”麺生地は生きもの”といわれるように、その日の天気や気温によって、塩のかげん、熟成の時間など人のカンにたよるところが多く、そのために手延べ麺づくりはつくる人によって味のちがいのでるとてもデリケートな作業なのです。


(前夜調整)
次の次の日の気温、天候を予測して食塩水を調合する。
(第1日・午前5時)
小麦粉と食塩水を混合してよく練る。
(第1日・午前6時〜7時)


(a)練り上げた小麦粉ドウを厚版上で成形。(昔は足で踏みながら成形しました。)

(c)短時間熟成した後に約5cmくらいの太さに細めて、長い縄上に縒をかけながらサイトウ(桐製の桶)に巻き入れて熟成。
(b)成形したドウ(厚さ15cm・直径2m位)を、約15cm巾くらいの渦巻状に切る。
(第1日・午後3時)
直径3cmくらいに細めてサイトウに巻き入れ、熟成。
(第1日・午後3時過ぎ)
直径1cm〜0.5cmまで細めてサトイウに巻き入れて熟成。
(ちどり掛け)(第2日・午前1時)
かけ巻機により、二本の竹管に細めた麺生地を八字状に巻きつけて「ねびつ」に入れる。
(約2時間)
(第2日・午前5時)
「ねびつ」から出して二本の竹管の間隔を50cmくらいまで引きのばす。
(第2日・午前9時)
機(はた)とよぶ乾燥用の木枠に麺を掛けて大きくひきのばします。
(大引き作業)
二本の木箸をあやつり、乾燥と熟成のかげんにしたがって順次細めて、二本の竹管の間隔が2mになるくらいまでのばして麺線をつくります。


(第2日・午後3時頃まで)
午後のうららかな陽光のなかで、麺を水分が13%になるまで乾燥。
この間、乾燥にしたがい長さを調節する等の細かい作業がつづく。
(その昔、庭前にくりひろげられる門干作業のありさまは手延べ素麺産地の冬の風物詩でした。)
乾燥が完了した麺は、「切台」で定寸(約19cm)に切断する。
一束50gに束ねて箱詰する。
「厄」をおこなう。

手延べ麺の歴史いろいろな麺製法のちがいによる分類かも川の素麺手作りの図
手延べ麺の知識あれこれ麺の料理いろいろ麺つゆ