麺博士|手延べうどん|手延べ素麺|業務用うどん、素麺の販売|

  • ・商品一覧
  • ・業務用手延べうどんのご提案
  • ・会社案内
  • ・麺博士
  • ・手延べ麺造り体験
  • ・送料/発送について










2016年7月31日
岡山県知事の伊原木隆太知事が麺蔵人のお食事処にてそうめん流しを体験されました!





≪ご視聴ありがとうございました≫
2016年7月2日放送
渡辺アナウンサーとタレントの佐々木もよこさんがそうめん流しを体験されました!





≪ご視聴ありがとうございました≫
2016年7月15日放送!
神谷アナウンサーとお笑い芸人のロッチが 「麺蔵人」にて流しそうめんをされました!

紹介されました

【テレビ】
2016年7月29日(金) 
TSC 15:15〜15:25
得ナウ!
---------------------------------
【テレビ】
2016年7月22日(金) 
RSK 17:00〜
イブニング5時≪生放送≫
---------------------------------
【テレビ】
2016年7月15日(金) 
OHK 19:00〜20:00
金バク!
---------------------------------
 【テレビ】
2016年7月2日(土) 
BSフジ 7:00〜 OHK 13:00〜
わがまま気まま旅気分
---------------------------------
【テレビ】
2016年6月17日(金) 
KSB
にこまるワイド
---------------------------------
【テレビ】
2016年1月14日(木)21:00〜22:00 
BS12ch
サヘル・ローズのイチオシNIPPON
---------------------------------
【テレビ】
2012年8月5日(日)9:30〜10:00 
テレビ新広島
そ〜だったのカンパニー
---------------------------------
【テレビ】
2012年7月22日(金)15:00〜15:15 
KSB瀬戸内放送
にこまるワイド
そうめん流しイベント案内
---------------------------------
【テレビ】
2012年7月2日(月)19:55〜20:00 
RSK山陽放送
ももっち うらっち 晴れの国TV
麺体験・イベント案内
---------------------------------
【テレビ】
2012年1月28日(土)7:10〜08:00 
日本テレビ「ズームイン!!サタデー」
弊社の麺を使用している東京のお店が紹介されました!
索餅(むぎなわ)東京都品川区西五反田2-7-11 インテックスビル1F
---------------------------------
【受賞】
2012年1月25日
麺蔵人「第一回キラリ☆輝くOKAYAMA小売店表彰」受賞
---------------------------------
【テレビ】
2011年11月20日11:45〜11:50
瀬戸内海放送
番組「自由人、会社人 トップの横顔」
---------------------------------
【地元】
2011年10月7日
中国高安市市長さん浅口市表敬訪問
「麺蔵人」お食事処にてご昼食
---------------------------------
【地元】
2011年9月30日
ローカルファースト日帰り体験
吉本興業 江西あきよしさんと体験
---------------------------------
【書籍】
2011年9月中旬発売
「地域初のデザイン」に掲載
---------------------------------
【韓国テレビ】MBC文化放送
2011年8月26日〜9月30日の間でシリーズとして15分×4回放送
4週間で合計60分、中国地域の観光情報が韓国の最もメジャーなテレビ局で紹介されます。
---------------------------------
【テレビ】
2011年6月27日 23:00〜23:58
テレビ東京 ワールドビジネスサテライト
THE行列
---------------------------------
【雑誌】
2011年6月25日発行 7月号
月刊タウン情報おかやま
---------------------------------



メルマガご購読はこちらまで
メールアドレス:

人気商品ランキング一番のばし生うどん唐がらしうどん手延べうどん半生うどん

  







かも川手延素麺トップ > 麺博士 > 手延べ麺の歴史

手延べ麺の歴史

手延べ麺の歴史いろいろな麺製法のちがいによる分類かも川の素麺手作りの図
手延べ麺の知識あれこれ麺の料理いろいろ麺つゆ


麺が生まれたのは中国。いまから、およそ1700年ほど前の魏の時代のことであるといわれています。わが国へ伝えられたのは7世紀頃のことで、中国、高句麗の僧侶、曇微によってもたらされたと伝えられています。
索餅とよばれて、もち米の粉をこねて、細くのばして縄のようにねじりあわせた、お菓子の一種であったと考えられています。
この索餅がそうめんのもとになるので、室町時代になると、索麺とか素麺の字が使われるようになりました。この頃になると、さまざまな工夫がくわえられて、つくり方や姿も今のそうめんにほぼ近いものへと進化しました。
そして、江戸時代に入ると、一気に庶民層にも広がって、麺文化は暮らしの中に定着して行きました。
”麺好きの日本人”は、実は、この江戸時代につくられたといってもいいかもしれません。
この時代には、そば屋、うどん屋といった、さしずめいまでいう外食産業の走りのような商売も生まれ、庶民社会の中に新しい食文化が誕生したのです。


わたしたちが、日本古来の食べものだとばかり思っていた麺も、元を正せば、実は外国からやってきた舶来の食べものであったのです。

岡山県の手延べ麺の主な産地は鴨方です。この鴨方が麺の産地として発達した理由は、遥照山から涌き出るきれいな水、瀬戸内海の沿岸でとれていた塩、それと、周りに良質の小麦の産地があったことなど、麺をつくる材料に恵まれていたことがあげられます。
わが国へ伝えられて200年ほどのちの9世紀頃にはすでに、”吉備の国に麦切と称して広く分布し...”と、この地方で麺づくりがおこなわれていたことが書き残されています。
さらに、時代がさがって、いまからおよそ400年くらい前、天正の頃になると鴨方を中心に、岡山県の西南部、備中地方の南部一帯は、手延べ麺の産地としての形をととのえて、栄えていました。
その後、江戸時代の後半に水車の利用がさかんになり、粉ひきが人力から水力にかわることで、粉の入手が手がるになると麺づくりもますますさかんになりました。
産地とはいえ、はじめの頃は、農業の暇な冬の間の農家の副業の色合いの濃かった手延べ麺づくりも麺づくりを専業にする人たちが現れるようになって、明治の終わり頃になると兵庫県の播州に次ぐ産地として知られるようになりました。
そして、品質の優れた”備中の麺”の名を全国に高めて行きました。

手延べ麺の歴史いろいろな麺製法のちがいによる分類かも川の素麺手作りの図
手延べ麺の知識あれこれ麺の料理いろいろ麺つゆ